副院長 青木高志

副院長 青木高志【経歴】
1979年3月 愛知学院大学歯学部 卒業
1983年9月 あおき歯科 開院
2014年5月 あおき歯科こども歯科 勤務

患者さんが一生健康な歯でいられるよう、先を見据えた治療を
当院は、お子さんからお年寄りまで、「どなたでも気軽に通えるアットホームな歯科医院」を目指しています。

お口の健康を維持することは、全身の健康のためにとても重要です。"患者さんにとって何が一番大切か"考え、10年後、20年後もお付き合いできるような先を見据えた治療を行っています。

また、患者さんが心に思っていることをなんでも気兼ねなく話せるよう、居心地のよい雰囲気づくりを大切にしています。歯医者が苦手な方、料金や痛みに不安がある方など、どんな些細なことでも結構ですので、まずは、お気軽にご質問ください。

患者さんのご要望に合わせた治療
歯科医師という仕事は、患者さんの悩みを治療という方法で解決していく仕事です。誰かの悩みを本当に理解して解決に導くためには信頼関係が重要です。

患者さんと信頼を築くためには、コミュニケーションを取ることが大切だと考えます。治療前には、患者さんにメリット・デメリットなど必要な情報をきちんとお伝えし、ご納得いただいた上で治療に移るようにしています。

もし、当院の治療に患者さんがご納得いかないことがあった時も、「できること」「できないこと」を話し合いながら、しっかりとした信頼関係のもと、診療いたします。

頼もしい息子の存在
私の息子、青木一晃(あおき かずあき)も歯科医師として、医院を引き継ぎ、現在はあおき歯科こども歯科の院長として働いております。親としても同業者としても、まだ若い息子には幅広い考え方やスタンスを学んでほしいと思っております。

私自身も、若く新しい知識を持った息子から刺激を受け、歯科医師としてこれからも活躍していきたいです。

私と、院長の一晃、その妻である郁江。3人ドクター体制になると、より多くの患者さんを受け入れる体制が整い、幅広い治療をご提供できるようになります。これからもご家族の皆さんで通い続けていただけるようなクリニックを目指していきたいと思います。

歯の健康に関する疑問・不安、治療内容に関する相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください

アクセス情報詳細はこちら お問い合わせ アクセス情報詳細